外付けHDDを処分するときの注意点は?

外付けHDDを処分するときに注意する点はいくつかありますが、特に注意しておきたいのはデータについてです。

 

パソコンと違い、メーカーが回収してくれないので自分で処分するしかありませんが、データをそのままにして捨てるのは危険なのでやめたほうがいいです。
大したデータでなかったとしても、個人情報には違いありませんし、悪用される可能性は否定できないので、処分する際は必ずデータを削除(フォーマット)してから処分するようにしてください。

 

また、外付けHDDの区分についてですが、自治体が処分してくれる電化製品ですので、規定に従ってゴミに出して大丈夫です。
方法としてパソコンショップなどでフォーマットしてくれる所もありますが、有料であることが多いですから、それほど難しくないことを考慮すると自分でやるのをお奨めします。

 

ちなみに料金の相場は1000円程度のようです。
手間がかからず、処分してくれる方法として無料回収業者に依頼するというのもありますね。

 

外付けHDDは高価な部品が使われているので、無料で引き取ってくれる業者も存在しています。
電話一本で来てくれますので、手間が最もかからない手段になりますね。

 

ただ、フォーマットはいずれの場合でも行った方がいいでしょう。
パソコンショップでの処分を除けば、悪用される可能性は否定できませんので、必ず行ってください。

 

ほとんどの外付けHDDにはフォーマットの仕方が書いてあるマニュアルがありますし、やり方はほぼどれも同じです。
インターネットにも載ってありますから自分でやる場合もそれほど心配ないかと思いますよ。

  • 2015/02/12 15:52:12